"03.04.27"Issue
ILMA艦隊旗艦ジムニー、遂に遭難
トランスファー駆動不可能に
初の自力帰還断念に衝撃広がる
ドナドナ〜。荷馬車は揺れる〜  4月27日、16年目の車検を終えたILMA艦隊旗艦「JA-71」がテスト航海中、遭難した。トランスファーギアによるトラブルが原因で、現地での果敢なる修理も空しく、自力での帰投と断念。トランスポーターによるサルベージ作業が行われ、修理ドッグへと回航されることになった。

 現在まで自力帰投をその信条としてきたILMA艦隊にとって、トランスポーターによる帰還は初めてのこと。初の大トラブルに、艦隊司令部には衝撃の波紋が広がっている。

停止時の謎の異音
 今回のテスト航海の目的は、車検からの期間時に発見された、停止時の異音の正体を突き止めることにあった。出航前の点検ではトランスファー、前後デフ、プロペラシャフト、ホイールなどの接合部などがチェックされた。今回の車検では前輪のガタを抑えるためのベアリングの増し締め、トランスファーギアのリア側アウトプットシャフトのオイルシール交換などが行われており、該当部分の点検、増し締めなどが行われた。この時点では特に問題は発見されず、見切りで出航となった。出航後しばらくは異音も発生せず、問題は解決したかに思えた。だが、これは嵐の前の静けさに過ぎなかった。
ガタが大きかった右ベアリング回りガタが原因で大きく片減りしたブレーキパッド
 走り始めること20分ほどで、例の異音が大きくなり始めた。停止時に「カコ、カコ、カコン!」という音を立てる。どうやらギアが暖まってくると症状が出てくるようだ。どのギアボックスが原因か、走行試験が開始される。

異音の原因と予想されていたプロペラシャフト。異常なし。  二輪駆動状態ではフリーハブを入れても切っても症状は変わらなかった。一方、四輪駆動の状態では異音が小さくなることが判明した。さらに停車直前に、トランスファーギアをニュートラルに抜いてやると、音が全くしなくなる事が判明。また、異音発生時に、トランスファーギアに細かく鋭い振動が、異音に合わせて発生することが確認された。以上の事から、どうやらトランスファーギアのフロント出力側近辺に問題がありそうという事が推測された。しかし、今回の車検で分解されたのはリア側だ。場所は特定できたものの、今ひとつ原因がハッキリしないまま、テスト航海は復路にさしかかった。

突然の走行不可能状態に
 トラブルは大きな交差点の右折レーンで起きた。青信号で前に進もうとすると、停車時にニュートラルに抜いたトランスファーギアのシフトレバーが全く動作しなくなっていた。4車線の大通りの最も中央寄りのレーンで、ギアがニュートラルになったまま、動けなくなってしまったのだ。
左レーンに脱出相成った同車  幸い、信号の流れが良いところだったので、赤信号で車列が遮断された隙を見て、人力で安全地帯へと移動。再度点検となった。下に潜ると、ニュートラルの状態のまま、ギアが噛み込んでしまっていた。

 とりあえずショップに連絡して、再入院の予約を取っておく。どうにもならなければ連絡をくれとのことだ。こうなると、ギアを何とか抜かなくてはならない。考えられる手法は、アウトプットシャフトを完全フリーの状態にして、レバーを動かすことだ。噛み込みの症状が甘ければこの方法で対処が可能なはずだ。ただし、フロント側はフリーハブを抜けば問題ないが、リア側はプロペラシャフトを降ろす必要がある。

 プロペラシャフトの脱着はかつて艦隊整備廠にて行われたこともあったが、今回は遅々として進まなかった。スプラインのグリスが補充されたために、スプラインが完全に縮みきらず、抜けないのだ。仕方なく、ネジを外していっぱいまで手前に引き、アウトプットシャフトをフリーの状態にした。そして動けと念じて、トランスファーレバーに手をかけた。だが、結果は無慈悲にも全く変わらなかったのである。

やったー、救援だーワンダバだー! トランスポーターで回収
 こうなると、もう残念ながらお手上げである。再度ショップに状況を連絡すると、有無を言わさずトランスポーターの出動となった。1時間強で現場に到着したトランスポーターの豪華さに、艦隊乗員は目を見張った。ウインチ付きの車両輸送専用のトラックである。荷台が後方にスライドしながら斜めにせり上がり、ウインチで車体を引き揚げることができる。

 自分の車を引き揚げる作業は、状況を忘れるほど楽しい。まるで被弾戦車の回収現場のような状況に「タミヤのドラゴンワゴンを完成させていないことによる呪いではないか」との声すら挙がりそうだ。

 気になる輸送費だが、豪華な装備の割に1万円半ば程度で済みそう。この車輌自体はニッポンレンタカー連合艦隊からの借り受けなのだが、ショップ経由の業者割引を使うとかなり安く回航できるとのこと。車検後で絶望的な財政難に苦しむILMA艦隊にとって、数少ない明るいニュースとなった。

フロントだって、この通り〜 中央のおへそを叩きます 工場でも噛み込み取れず
 工場に何とかたどり着くと、今回の車検を担当してくれたエンジニアI氏の出番となった。かつてジムニーのエンジンOHもお願いしている方だ。たちまちトランスファーは丸裸の状態にされ、2つ目の「療法」が行われた。プラハンでトランスファーのシャフトをガンガンと叩くのである。だが、残念ながらこの方法でも回復せず。もう、こうなると「手術」だ。トランスファーを降ろしてオーバーホールするしかない。

 I氏が考えるに、最初の異音もトランスファーのアウトプットシャフトが犯人だという。元々ベアリングがヘタっているところへ、出力側のオイルシールだけ交換したため、当たりが変わってしまって、音が出るようになったのではないかとのことだ。トランスファーの噛み込みは、これとは独立した症状で、トライアルの現場で起こるほか、降雪時くらいにしか四駆にしない使用頻度の低いトランスファーの場合も、古くなるとレバー切り替え時に噛み込むという。音が気になって、レバーを無闇に動かしてしまったのが、残念ながら直接の原因だったようだ。

こんにちは、ギアちゃん。私が「拾う神」よ。 捨てる神あれば拾う神あり
 さて、実際の修理だが、トランスファーもそれなりにヤレており、フロントシャフトもいずれは抜いてベアリングの交換が必要な状態だ。トランスファーだけ単独OHというのはやや無駄な気がする。するとI氏は工場の2階へ上がり、あるものを取ってきた。なんと同型車の中古トランスファーである。バックラッシュはやや大きいものの、トランスファーの動作、ギアの回りは上々である。センターブレーキのパーツはないものの、レバーまでしっかりついている。うまく行けば、ポン付けで異音まで含む全問題が解決する。

 実際、このパーツが丸々流用されるかどうかは、パーツの状況を見て、ということになった。とりあえずポン付けで様子を見、問題が残るようなら潔くOHを行う、という流れだ。車検直後のOHとなれば、ILMA島の財政が赤字へと転落することは必至だ。今回も早速、大蔵大臣より艦隊存続に難色を示すコメントが発表されている。だが、ILMA島艦隊司令官は「旗艦は死守する。OHも辞さない」とあくまで強気の構えだ。艦隊存続の命運をかけた、トランスファーの交換作業の結果に、周辺諸国からも注目が集まっている。

過去のニュース
【艦隊活動】
(02.02.24)旗艦ジムニーを大修理
(01.05.13)オクタマ艦隊が初の集結
(00.02.10)JCCA NEW YEAR MEETINGを見学
(00.01.25)ジムニーのシャフトを島内で初整備
(99.08.03)KI-CHI氏が新マシンSuper7を導入
(99.07.22)建設機器展を視察し建機も試乗
(99.03.15)SJ-10航行試験の後半は雪中三昧
(99.03.07)SJ-10の航行試験でエンジン停止?
(99.02.22)オクタマ旗艦SJ-10が徹底改修
(99.01.25)ジムニーがマフラーまたもや破損
(98.12.21)オクタマ島SJ-10,新色は"空色"
(98.11.09)秘密兵器「ROKON」の姿明らかに
(98.11.01)オクタマ島長老艦,秘密改修が発覚
(98.09.17)旗艦ジムニー改修,テスト航海へ

【モータースポーツ?】
(99.09.03)ILMA-MRC,PED-ROD製作開始
(99.07.30)ILMA-MRC LEGOロボット製作開始
(99.02.15)ILMA-MRCが春大会に向け活動再開
(98.12.28)第6回 奥多摩大会,ILMA-MRCは2位
(98.12.03)ILMA-MRCのOPEL,撮影中に破損!
(98.11.17)ILMA-MRC,次期マシンが完成
(98.09.24)ILMA-MRC,開発のマシンを公開
(98.08.24)オクタマサーキット,新コース竣工
(98.08.24)ILMA-MRCフル操業体制へ移行
(98.08.09)ILMA-MRCが次レース試験機を投入?
   【陸上防衛】
(02.05.20)静岡ホビーショウフォトレポート
(01.08.10)オクタマ大会にRC戦車が揃う
(00.09.11)新戦車開発進む
(00.09.11)ILMA陸戦研が新戦車に着手
(00.05.22)静岡ホビーショウでRC戦車を取材
(99.06.17)静岡ホビーショウレポその2
(99.05.25)静岡ホビーショウレポその1
(99.05.19)陸戦研,パナールVBLを購入
(99.04.19)オクタマ大会にロシア戦車登場!
(99.04.14)M8自走砲,大会に向け製作大詰め
(99.01.18)陸戦研,M8自走砲の製作を開始
(98.10.13)プラモ ショウでタミヤ社長に謁見
(98.09.08)第5回 奥多摩大会,陸自演習も見学
(98.08.16)陸戦研,遠隔操作戦車の完成先送り

【設備、施設】
(99.10.20)ペットボトル新会場の設営場所にメド
(99.09.28)ILMA島初のサミット開催さる
(98.10.06)ILMA島に国際会議場が暫定オープン

【その他】
(98.10.23)ILMA島初の飛行機,試験飛行は失敗